ファッションレンタルはここに注意!洋服レンタル活用のポイント

レンタルゆえの落とし穴も

中古品が届く場合も

レンタルサービスで服を借りる場合、送られてくる服が新品であるとは限りません。実際に借りてみると、やや使用感のある中古品なども多いことに気が付かれるかと思います。こうした点で、中古品が苦手、という方は、レンタルファッションは避けた方がよいかもしれません。

使用感の程度などはさまざまであるかと思いますが、もちろんなかにはシミがついていたり、生地がかなりへたっていたりするケースがあるのも事実です。そのため、他人がすでに何度か着たものは着たくない、という方には、そういった状況に遭遇しがちな洋服レンタルサービスは、少々ストレスになってしまう危険があるかもしれません。

もちろん、レンタルサービスのプランや内容はさまざまなので、たとえばジャケットやコートなど外側に羽織るものならOK、などといった許容範囲があるなら、それに見合う範囲でサービスを活用するというのも、一つの有効なやり方です。

乱暴な扱い方はNG

服のレンタルサービスの場合、もちろん服は借り物ですので、粗雑な扱い方をするのはNGです。特に、汚してしまったり、傷をつけてしまった場合などには、弁償を求められる場合もあるので、注意が必要です。

弁償を求められる場合が多いのは、あくまで通常のクリーニングでは落とせないような汚れがついたり、破損をしてしまったようなケースです。そのため通常、普通に着て生活する分には、神経質になる必要はありません。

また、契約内容の詳細に弁償となるケースの基準や金額などが書かれている場合も多いかと思いますので、そういった点にもよく目を通しておきましょう。

万が一、大きな汚れをつけてしまったり、服の生地が破れてしまったといった場合には、自分で処置をするのではなく、レンタル業者にその旨を伝えた上でお返しするようにしましょう。


このPostをシェアする